« 保田と佐藤のパリ日記 | トップページ | 『高分子シリコン』 »

今の美容学校では・・・

先日美容学校で先生と話す機会がありました。

今の美容学生の傾向や特徴などを教えてもらいました。
印象的なのは
・美容学校を卒業しても、美容室に就職する気がない生徒が1割前後いるらしい・・
・男子生徒の繊細さには驚く
でした。

美容室に就職する気がない生徒など昔はいなかったと思う。
その生徒は全然関係ない業種に就職を考えているらしいが、専門学校も美容関係以外に就職斡旋できないし、他業種が美容学校卒を、よく見てくれるとは思えない・・・。

現実、就職が決まらず、アルバイト生活になってしまう人が多いので、先生もその生徒達になんとか考えを改めるように話すが、本人達は
・自分は美容師には向いていないと思う
・別業種に興味がある(アパレル系など)
と話す生徒が多いらしい。

『親が数百万も出してくれたのでしょ?一度は就職しなさい』と話しても、親に悪いから卒業はするけれど、美容師にはなりたくない・・・らしい。

男子生徒の繊細については、美容師に憧れて入学してくる生徒が多いが、例えばワインディング(パーマのロッドを巻く技術)を練習すると、最初は誰でも出来ないのが当たり前なのに、出来ないとドーンと落ち込んでいるそうだ。

先生:『最初は誰でも出来ないのだからしょうがないよ、出来ないのだから練習しよう!』
生徒:『こんなに出来ないなんて、俺は向いてないんだ・・・』
先生:『そんな事ないよ、すぐうまくなるよ』
生徒:『いや、おれはダメなんだ、美容師向いてないんだ』

などと本気で言ってくるらしく、男子生徒が特に多く、数人の話ではないらしい。
先生はその程度のことで辞めては困るし、先に進まないから、褒めまくるらしい・・・そんな生徒達と一緒に働けるなんて、ある意味楽しみ♪

« 保田と佐藤のパリ日記 | トップページ | 『高分子シリコン』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事