« ビラ配り美容師 | トップページ | 人をみたら・・・ »

出ました新パーマ!?

呼び名は店によって違うが「エアーウェーブ・air wave・新・形状記憶」とゆうパーマが少し前から出ました。
温風と冷風で形状記憶して、持続期間が長く、髪にも負担が無いらしい・・・。パーマのロッドにチューブが付いていて、そのチューブ中をエアーが流れ、その機械は何かすごいのでは?と思わせられるようなものですが・・・。

メーカーの売り文句は!・・・つまらないので飛ばして読んで頂いて結構です。

新・形状記憶 クリープとガラス化、そして空気化。クリープとは一般に、物質に一定の温度や応力がかかり続けたときに生じる変形のこと。そしてガラス化とは、温度と湿度の低下によって物質が柔軟なゴム状態から硬質なガラス状態になることをいいます。この原理を毛髪に応用した「新・形状記憶」を「air wave」が実現します。「新・形状記憶」のパーマでは、クリープでウェーブのベースをつくり、CMCをガラス化させることで美しいウェーブを記憶させます。この一連の作業で重要な毛髪の「温度と水分量」の最適なバランスを、「air wave」が空気力を活用してコントロール。さらに中間水洗によって毛髪に薬剤が付いていない状態でパーマをかけるので、ダメージの少ない、しなやかで美しいウェーブが実現します。

らしいです。
あちこちの美容室の広告で「エアーウェーブ・air wave・新・形状記憶・エアーパーマ・・・その他の名前」でよく見かけますが、私は又しても疑っている!どうも美容師は科学的な名前・理論を言われると信じてしまう人が多い!クリープ現象は実際にあるのは分かるが、髪の毛にクリープなら以前からある普通のロッド(パーマ時に巻く物)でも、クリープに間違いない!ガラス化なんて普通のパーマもブローでも昔からやっているし。後は名前とその機械の演出によって、「良いはずだ」現象が起きてしまう。

講習などに行くと、「良いはずだ」現象になってしまうのはわかるが・・・

美容師の方々、メーカーの売り言葉よりも自分たちの経験と知識で冷静に判断したほうが良いですよ、デジパーでお客様の信頼を失った美容室は多いでしょ!
今なら売れるや、早くやらないと遅れた美容室なんて思わないで行こう!

« ビラ配り美容師 | トップページ | 人をみたら・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事