« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

アヴェダ研修体験記

スタッフとアメリカのミネソタ・ボストン・LAに行ってきました。
色々と感想はあるのですが、スタッフに旅行記を書いてもらったので、私は書きませんが、前半のミネソタ・ボストンの完全通訳・送迎完璧旅行では、何不自由ない旅行をさせて頂いて感謝してますが、やはり私は海外の言葉通じなくても刺激(危険でない)がほしい!
その点LAは、観光客が行かない場所に多く行ったので、全然言葉が通じなかった!
やはり観光地だと、英語も気を使って話してもらっているのが分かる!
来年までには英語話せられるようになろうっと!
飛行機内のエコノミークラスはアルコール類が有料になっていた!
アメリカの会社が2社とも!
またマイルのポイントが溜まったから、来年も必ず行こう!
LAに行くと元気になる!

以下スタッフの旅行記です。

海外研修に行ってきましたv(⌒o⌒)vイエーイ
今年の海外研修はアメリカ~3年に一度ある研修でその前はヨーロッパだったかな、今回の場所はボストン&ミネアポリスいまいまいちどこか分からなかったので、行く前にグーグルの地図検索でチェック!
今は世界の地図まで見れるってスゴ~イとひとりで感心しながら、
「なるほどココか~」とチェック!
ちなみにボストンはニューヨークより北、アメリカ発祥の都市だそう・・・
ミネアポリスはカナダの国境ぞいの大陸のまんなからへん(アヴェダの本社&工場がある所)
この研修旅行はAVEDAのメーカーの30周年の記念したツアーで
アヴェダのコンセプトサロンのオーナー達と同行させてもらいました。

まずはミネアポリスで30周年イベントのヘアーショウを見学、
各国の代表チームが2日間にわたって斬新なショーをしていました。
おしりがかなり痛くなりましたがとてもパワフルで圧倒されるショーでした。
しかも1000人分のランチ付やることが桁外れでびっくり!
ランチはとてもカワイイイりんごがまるまる入った
オーガニックなランチボックス。(´∀`)
こういうのがアメリカっぽいかも・・・。。。

そして夜はアヴェダ主催のパーティーに参加
パーティーといってもがんがん踊るクラブようなかんじ!
ホールを貸しきりでチョー盛り上り、英語がしゃべれなくても大丈夫、
共通語は「I love AVEDA」でOK!
みんなハッピー\(>▽<)/。。。でした!

あとミネアポリス最後の夜に、アヴェダの日本人調香師「塩沢紘一氏」アメリカのミネソタ州で調香している方で特別に夕食をご一緒できました。かなりレアな体験です。v(≧∇≦)v イェェ~イ♪
香りの話や奥さんの話まで(奥さんはフランス人、家ではフランス語だそうです。)いろいろ話ができて楽しいひと時でした。
ちゃっかり写真も取らしてもらいました・・・
あとドミニク社長とも対面、握手してもらいました。実際会うととてもダンディーな方です!

そしてボストンに飛行機で行き一番人気のアヴェダサロンを見学、
月に予約待ちが100人以上の人気サロン、お店は広くないのに売り上げはケタはずれ、ただただビックリ。
そしてやっと観光!超名門ハーバード大学を見学、世界大学ランキングでは単独1位で7人の アメリカ合衆国大統領 輩出!
キャンパスにいるだけでちょっと頭が良くなった気分 (゜ロ゜)

次の日は美術館などを見学「お!教科書で見た」とひとり言をいいつつ、夜は中華街で待望のレッドロブスターが食べれるとのことでワクワク。。。。前菜から始まりおなかが満腹になったところでメインのレットロブスター盛が・・・みんなはギブアップ気味でレットロブスターを独り占めう~んしあわせ~~~vv( ̄▽ ̄;)
でもそのあとはかなり動けなかったです。C= ( ̄ー ̄;;) ハー満腹

そしてあっという間のアメリカ研修でした。。。。
今回気付いたのは、アヴェダの認知度はやはりアメリカのほうが断然あるけれど日本のシャンプーやスパ、サービスは世界的にもトップクラスだと思う!(ショーでも日本のサービスを絶賛してました。)
そのうち逆に海外から日本に研修に来る日も近いかも。。。。
by Usui

旅行ではない!仕事だ!

今日から2週間アメリカに行きます!
アヴェタの30週年記念の盛大なイベントに
世界中から集合するらしい!ミネソタ州という所に初めて行きます!
みんななーんにもない!
と同じ事いうので本当になーんにもないのでしょう!
その後ロスに行きます!
友人が凄い美容室をやっているので、楽しみです!
スタッフも一緒なので、旅行記を書いてもらおう!
行きはアヴェタツアーなので、団体行動だ、団体行動は嫌いだ、
成田着いたら、飛行機のるまで自由にしていたい!
荷物受け取ったら、どんどん動きたい、
しかし団体行動だ輪を乱してはいけない!
自制心ってユニットのメンバーに入った気持ちで頑張っろう!
飛行機の中では、ビール飲んで寝たい、
「誰も話しかけないで」と自分のダークSIDEがささやく。
しまった早くも飲み過ぎた!
まだ千葉なのに

六本木店が雑誌に掲載されました

「M」とゆう雑誌です。
最後から2ページ目で、小さいスペースですが機会がありましたら見てください。
『マンスリー・エム』とゆう雑誌から、取材が入りました、と聞いたときは『マンスリー・エム』なんて知らないな??と思っていたのですが・・・
実物を見たら『知ってる!』これが『マンスリー・エム』ってゆうのかーー!勝手な思い込みで、MONOマガジンだと思ってしまっていた。

そうゆう、『思い込み』って多いかもしれない!
企業がイメージ戦略で、色・ロゴ・形・音で、テレビ・雑誌・看板などで、無意識のうちに刷り込まれているのだろう。
・黄色い字で『M』だとマック
・緑の丸の中が黒いとスタバ
・Windowsを起動させた音楽
イタリアの国旗の旗をみると、イタリアレストランだが、アメリカ・フランスの国旗の旗を見てもレストランとは限らない、と見た瞬間に判断している

BARBARの店の前にある、赤・青・白のクルクル回っている置物も、BARBARのシンボルだし、あれを見て安心感もあるのかな!?
たとえ店の内装は美容室と変わらなくても、あれがあると、男の人の場所ってゆう固定観念があるな!

松坂牛・関さば・コシヒカリ・レクサス・吉野家などなど、高級から安さの安心まで、色々なイメージが知らぬ間に、刷り込まれていく・・・・美容室はなんだろう??
パーマ液の匂いはあるかもしれない!
自分たちは長い事いるから、分からないが普通の人は、店に入った瞬間のあの匂いに、美容室ってイメージが浮かぶかもしれないな!
店の前にパーマ液を、水撒きの様にしたら・・・・そこを通るお客様が『ん・・・この匂い!?美容室だ!行くか!』なんて、無い!無い!

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »