« アヴェダ研修体験記 | トップページ | LA編 »

「当たり前の魔法」

スタッフが旅行記後半(LAファンタスティック・アドベンチャー編)は今書いているようなので、私は日常の不思議を

コンビニでコーヒーを買った、スタバのコーヒーだと思い買った・スタバのコヒーだと思って飲んだ!捨てようと思ったときに、これスタバのじゃない!っ気がついた・・・
以前ここにも書いたが、コーヒーのパッケージで丸い緑のマークは、勝手にスタバとおもってしまいます!
これはスタバを意識してないかもしれないが、自分だけでなく、多くの人が間違って買っているに違いない!
それから良く見ると色んなコンビニに置いてある!
ちょっとあやしい!あのマークは狙っているかな?

私は毎日コーヒーを飲む(コンビニで売っている物ではない)、スタバで飲む確率は非常に高い!立地と味が好きだからだが、毎日のように行くと、最初のうちカップの大きさの
「トール」「グランデ」など何語だか分からないような、言葉も当たり前のように使い!
誰かに買ってきてもらう時でも「トールで」と言えば、ほとんどの人が大きさの事だなと分かるし、それって凄いと思う!最初はそこに何も無いところに、一種のルールてきなものが出来上がる「当たり前の魔法」だ!

その他「当たり前の魔法」では
# ラーメン屋さんで食べ終わるとカウンターの上に器を、自分で上げるのが当たり前になってきていた・・・店の人も当たり前に思っている人が多くなってきていると思う。
現在はもし置かなければ「お客さん、器は上にお願いします!」といわれるかもしれない!?
過去のラーメン屋を知っているから不思議であって、今の学生位の人は ラーメンは食べ終わったら、カウンターの上に置くのが普通、そこに置いてある布きんでテーブルを拭くのも当たり前!になっているような気がする!
今学生の人がラーメン店員になったら、上に置かない、年配の人などは「お客さん!」なんて強く言われるかもしれないなー

# ファミレスの伝票をレジに自分で持っていくのが当たり前
忘れると(最初に説明は受けていない事が多いが)何よ!って態度されるのを、目にする!

# 良いレストランではサービス料が10%位ついてくること、美容室で付けたらお客様に怒られそうだな・・・でも何故レストランは当たり前になってきて、美容室は・・・

美容室でも、鏡の前に張り紙で「カットしたご自分の髪は、掃いてください」なんてどこからか始まって、数十年したらそれが当たり前になったら、どうだろう??

その業界や店の都合で始まった、お願いも
浸透すると >
ほとんどの人がやってくれる >
それを行うのが当たり前(やらないと非常識) >

そうして「当たり前の魔法」にみんなかかっていく!が私はかからない!器は上に上げるが、かかってない!『やってあげてる』って思っているから、かかってない!

「当たり前の魔法」そのスピードは速まり、種目は増えつつある!

« アヴェダ研修体験記 | トップページ | LA編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事