« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

「友達申請」ね・・・・・

様々なSNSがあり・・・今はうまく付き合っていかないといけない・・・

自分はまったく書かないが、友人の書いたものは読む!

記事など投稿されていると、自分では見れないようなものがあり

面白いものがある!

以下は、最近で一番面白いと思った記事です

 

ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。彼はバッハの曲を1時間程演奏しました。その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1100人がその男の前を通りました。

 

3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました。しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました。

 

1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。

 

少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。会社に遅刻しそうだったのです。

 

一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。それでも男の子はバイオリニストを聞こうと足を止めます。お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました。それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。

 

彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんでした。稼いだお金はたったの32ドル。彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。拍手はなく、このバイオリニストを認める人はいなかったのです。

 

バイオリニストの名前はジョシュア・ベル。彼は世界で最も才能のあるミュージシャンの一人です。彼はたった今、歴史に残る傑作を演奏したのです。それも3億円のバイオリンを使って。

59892_10200422383787211_1701360221_

彼の駅での演奏の二日前、彼のボストンでのコンサートのチケットは、一枚一万円するものの全て売り切れました。

 

これは実際にあった話です。ジョシュア・ベルが素性を明かさず行ったこの演奏は、人々の視覚・嗜好・優先順位を研究するための実験としてワシントン・ポスト紙によって行われました。私たちは本当に「美しさ」を理解しているのだろうか?それをちゃんと足を止めて味わっているのだろうか?予想していない状況でも、才能を感じ取ることはできるのだろうか?

 

一つ結論として言えるのは、

 

もし私達は世界で最も才能のあるミュージシャンが、歴史上一番の傑作を演奏してさえ気付かないのであれば、私達は他にもきっと多くの「美しいもの」を見過ごしているのではないか?

 

フェイスブックを急に書かなくなったり、止める理由の1番は!

会社の上司や先輩から「友達申請が来た」だって!笑える!

時空を超えて・・・

年明けから不思議な事が起こった!

年賀状が時間を越えてきたのだ!

年賀状が「あて所に尋ねあたりません」と毎年数枚帰ってくる!

住所間違い記入・引越し!など理由は分かる!のだが・・・

当社ネイル港北店は去年7月に、閉店させていただきました・・・・

現在も港北店宛に送られた来た、郵便物は転送手続きをしている・・・

1年位転送してもらえるはずだ・・・事務所のほうに

事務所ポストに「あて所に尋ねあたりません」と帰ってきてしまった年賀状が!あった!

転送されて、事務所に届いたのだ!差出人は・・・「ネイル港北店」!だ!

????なぜ????7月に閉店して、誰も出すはずの無い年賀状が??

スタッフの名前も印刷されている!言葉も添えて!

数分見ていたが・・・分からない!が!「24年賀正」と印刷されている!

そして更に!何故?ワーイ?

これは1年前の年賀状だ!お客様が引越しされて・・・転送されて!

でも1年前に出した「年賀状」がワーイ?ファンタスティック!

どこにあったのだ?1年間もの間?郵便局以外は考えられないが・・・・

郵便局にあるか?1年も?

これは!ついているぞ!理由は無いが!

 

筑波万博で数十年後に届く、タイムカプセルとゆう企画で・・・

数年前に自分に届いたのにも、感動した!しかも当時の女子高生からの手紙!

時空を超えて届くと、「驚きと感動」がある!

自分で自分に書いても、だめだな!大昔小学校でタイムカプセルを埋めた!

数十年に掘り起こそうとしたらしいが、いくら掘ってもとうとう出てこなかったらしい!

それも笑えたが!しかし出てきても、自分は感動は無い!

書いたことを「一言一句」いまだに覚えているからだ!

母親に怒られながら書いたその状況までも、鮮明に覚えてしまっている!

覚えていてはダメで、意表をついた所からでないと「驚きと感動」はない!

 

皆様!今から未来の子孫への手紙を書くのはどう?

「2013年1月12日20時(手紙を書き終える数時間後の時間を書く)にタイムマシン、で会いに来い!渡したいものがある!その時代に無理なら、何代にもわたって子孫へ必ず伝えよ!」

どう?夢がある!? 今年はこんな感じで行こう!

「+2」+「-3」=まあいいか!

2013年だね!今年は!

何故か今年は良いことが、ある気がしてしょうがない!

気の流れが!風が!空が!星空が!そうだよ!って言っている!

 

去年の暮れに数人退社した!皆何かにがんばり、今後もやっていくのでしょう!

がんばって!前にも書いたが・・・

「ブライダル」「ヘアメイク」などの道に行きたい!

とゆう偽前向き発言をしたら「要注意!」だ!今回の話ではない!が・・・・

 

もし私が、「EXILE」に入りたい!

それが「昔からの夢」「本当にやりたいこと」「興味がある」「やっていて楽しい」

とゆう理由で言い始めたらどう?

「ダンス」の専門学校に通う!NYに行って練習してくれば・・・・入れるかも!

好きなことだから、頑張れる!なんて言って・・・・

武道館で1万人の観客を前に「盛り上がってますか----」と言っている姿しか

想像してなかったら!

ダンスが超うまい子供たちが、最近はいっぱいいるが!その子たちの前で言えるか?自分は「EXILE」に入るって!

夢を諦めろ!って事ではない!私がEXILE」に入ったり、「メッシ」と2トップで

バルセロナで活躍!とか、画期的なITを作るために、今からプログラムの専門学校に通う!練習・訓練したらなれるか?

 

仕事は大変なことが多い!きつい!つらい!思ったようにいかない!

そう!それが仕事であり職場だから!

自分の能力と今までやってきた過程を、振り返ろう!

負けず嫌い!なんて言って、勉強は1番になったか?

絵を描かせれば、賞をもらえるほど上手かったか?

美容室で働いて、何事も順調に出来てきたか?同期で一番だったか?

自分の技量は、全美容師の中でどの位の位置?

それがここまでやってきた、美容師としての結果だ!現段階では!

これから訓練・練習すれば今楽しそう!と思っていることで、お金をもらえるレベルまでもっていけますか?

 

友人たちと飲んだりすると、皆、遠慮のかけらもないから・・・・

「お前レベルの人なんて、いくらでも変わりはいるよ」「頭悪いんだから、ハイって言って働け」「だったらもっといい学校に行けたよ」「お前の言うように、やっていたら会社潰れるよ」とか言い合っているのだが・・・・

友人でもない限り、なかなかストレートには言えない・・・・・

 

職を変えるな!辞めるな!とは思わないが、「世間知らず!」ではない?

大卒の新卒が職に就けない、時代なのにって事分かっている?

以上のことを、考えて!いけるなら、行けばいい!その1歩が・・・(猪木か?)

そうゆうこと考えていると、世の中の「お父さん」達は偉い!

どんなに仕事・会社が不本意でも、家族への責任から「昔からの夢」とか言って辞める人は非常に少ない!満員電車で押されながら・・・毎日・・・朝早くから・・・・

色んな批判されながらも・・・がんばっている!

 

仕事も普段の生活も「+」「-」を考えてほしい!

食事をするときに 吉野家の牛丼> 安い「お金が+」早い「時間が出来た+」

で「+」をみれば、味や店の感じは「-」でも・・・たまに昼ならいいか!とか!

UGGのブーツは、お金は「-」履き心地「+」ブランド力「+」流行「+」

= 買い!

UGGなんちゃってブーツは、お金は「+」履き心地は「-」

ブランドを見ないで!は「-」= 買わず!  

買いVS買わず は自分で判断すればいい!

自分の価値で!ただどちらにも、「+」「-」はあるのだ!

仕事も職場も「+」「-」で考えればいい!

「+」のところは見ないで、「-」ばかり感じれば、そりゃ嫌になってしまうよ!

 

不満ばかり言っていると、周りからよい人がいなくなる!

似たような人同士が集まり「愚痴軍団」が誕生する!

その人の思考が何故か顔に出るのが、不思議であって不思議ではない!

ただ今募集中!チーム「ポジラー」への入会者!

希望者はさりげなく、胸の第二ボタンを外しといてください!

筆記試験あり!問題は「+2」+「-3」=??????   

今年は良い年!に決まっている!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »