« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

「店15年!説」

全国いろんな場所で美容室を経営している方と、話す機会がある!

自社の悩みや、上手くいっていることなどを話している

その店の規模によっても、悩みは違うが・・・

全社で2~3店舗で1店舗5人位の店の悩みは、皆同じだ!

人材不足!これが最大だ!

凄い努力して専門学校などに、働きかけても・・・なかなか・・・

やっと入った人材も数年で、いなくなる!

先輩やオーナーと新人との年齢差は、毎年広がっていて・・・・

今までの必勝パターンの育成方法も、通用しなくなってくる!

皆様の地元の美容室を思い浮かべてください!

自分のお婆さん位の時代に流行っていた「美容室」と

自分の母親の時代に流行っていた「美容室」

自分の時代に流行っていた「美容室」

今流行っている「美容室」

この4世代くらい、その地域でトップクラスに流行っている「美容室」は

どれくらい?あるか?

ほとんど無い!のだ!

 

いつの時代もその地域でトップクラスに流行るって、大変な努力が必要だ!

人材にも恵まれなければ、トップクラスには行けない!

それを20年・30年・40年と続けるには、もっと大変だ!

自分の勝手な解釈だが!

地方都市での「美容室」のピークは頑張っているところで「15年」だ!

店を始めた人が、現場で頑張れる限界点に近づいてくる!

この話は!凄く頑張っていて!結果も出していて!人間性も問題ない人がオーナーで!

店をちょくちょく休まない人で!一緒に働いている人も良い美容師!とゆう

いくつもの関門をくぐって来た店のことで!トップクラスに行っていない

二軍の店のピークは「15年」よりもっと早い!

 

しかし最近は「美容室」は企業的になってきているところが、結構出てきた!

そうなると「15年」ピーク話は変わってくる!

個人でやっている「ハンバーガー屋」「弁当屋」が長くは続かないが

チェーン店的な「ハンバーガー屋」「弁当屋」は長く続くのと同じだ!

どっちが「美味い」ではない問題があるのだ!

 

「織田信長」が「人間50年 下天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり」と言っていたが!

未だに何のことか?まったくわからない!(どう?この終わり方!)

「ずっと笑顔で」

「ずっと笑顔で」は私の友人の「大川たみこ」さんの本のタイトル!

6月12日に発売される!

美容師になってからの色んな事が書いてある!らしい

病気の事も隠さず書いてあるようで・・・・2年半前に・・・・

余命三カ月と宣告された事なども・・・・

再発の事を聞いたときは、本人も自分も普通でいられなかったが・・・・

2カ月毎の飲み会で、色々話していると・・・・・

最近の体調はイマイチでも、飲み会の約束は絶対に守る!(飲み会でなくてもいいとは思うのだが)とか・・・・

「美容師として、この世に大川たみこの何かを残したい」とか・・・・

「女性美容師が少しでも、刺激を受けてほしい」とか・・・・

体調は良くないに決まっているのに!笑顔と会話は途切れない!とか・・・・

周りの人は気遣い無し!前と一緒!それが隠れた気遣い!みたいな飲み会!

 

よく聞く話では「こっちが勇気・元気をもらう」とか聞くけど・・・・

自分もそうなのか?自分の悩みが小さく感じて「何やってんだ!」といつも思う!

 

スタッフで本買いたいな!って思ったら、私まで!

回し読み禁止だって!言ってたよ!

 

「じゃあ!六月にまた!必ず!」とゆう挨拶は、色々言いたいことはあっても

無言(無言ではないが)でもそこに思いを伝える大人の挨拶!と思っている!

人生だいたいの事は大したことない!と思えるのも「大川たみこ」さんのお蔭だな!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »