美容・コスメ

『高分子シリコン』

先日シャンプーを忘れてしまい、これは機会だと思い、ドラックストアで今売れているシャンプーを購入してみました・・・。

使用してみると、以外と手触りは悪くないですが、『微妙なあやしい手触り感』が残りました。
言葉で表現できないほどの微妙な感触ですが、『わざとらしいツルット感』ってところでしょうか・・・『わざとらしいツルット感』でもそれはそれで良いのですが。
『微妙なあやしい手触り感』とゆう印象は、今までの経験で『わざとらしいツルット感』があるシャンプー・トリートメントは2・3回使用すると、極端に手触りや髪が悪くなる事が今まで何回もあるからです。

今回も又???と期待していたら、やはり2度目のシャンプーからバサバサになってきました・・・まただ、何故!?

昔ではパーマ剤(一部の)でも、最初はツルツルになってこれは凄いと思って使用していると、数回目からバサバサの上にパーマが、かからないとゆう薬が各メーカーから良く出ていた。
シャンプー・トリートメント(一部の)と昔のパーマ剤(一部の)の特徴が似ているが、気になるのは1回目はツルツルに髪がなり、数回繰り返すと悪くなってくるという所だ。

昔のパーマ剤(一部の)は薬の特徴や売りの1つとして、『高分子シリコン』が入っていると聞いていた。
一世風靡した、洗い流さないトリートメントのQTクロスも『高分子シリコン』を売りにしていた
シャンプー・トリートメントで「UHMシリコン配合の・・・」などと書いてある物があります。
(UHM: Ultra-High Molecular-weight, 超高分子量らしい)

理科・科学の成績が下の中の王道を、わき目もせず突き進んで転んだ、私のシリコン配合説からすると
・髪に付着したシリコンが(あくまでシリコンが)ツヤや手触りを良くする
・シリコンの上にシリコンは付着できない(名言)
・シリコンは劣化が早い(シャンプーやパーマ剤に使用しているシリコンは)
・シリコンは薬剤(パーマ液やカラー剤)の浸透を防いでしまう事がある

そして何故繰り返し使用していると、何故悪くなってしまうかは?
髪に付いているシリコンが劣化、髪から取れるときに髪の成分のキュティクルなどと一緒に落ちてしまう!!
シリコン使用のシャンプーは、値段が高いシャンプー程、シリコンが多く入っている。
と考えると、使用しての結果が納得できる!たぶん当たっている気がする。

シリコンは人工心臓、血管などの生体適合材料、無機や金属との複合材料、印刷用感光性料、おしめ用の高吸水性ポリマー、瞬間接着剤などに使用されていて、必要で悪いものでは無いのだろうが・・・髪には????

AVEDAの商品

お陰様で、町田XXXY'S AVEDA店が無事OPEN出来ました。
Modiとゆうファッションビルで小田急町田駅改札から50歩位(?)にあります。元マルイのビルで、運営会社もマルイなので、テナントはマルイさんらしいお店が多いです。
朝10時前から入り口には、たくさんのお客様が並んで待ってくれていましたが、大型のモールやデパートの特徴で美容室はお客様が最初は来ていただけません・・・・。周りの物販店がお客様で溢れているのを横目に、シーンとなっていたのですが、いつもと今回は少し違いました。AVEDA商品の注目度の高さで、お客様が美容技術ではなく商品に興味を持っているのです。青山で見たことや雑誌で見たなど、お客様のほうが知っているのに驚きました。
OPEN記念で割引している 「ボタニカル ヘア&スカルプ セラピー」 \10,500(85分)が\7,350の予約をたくさん頂いていて、うれしい驚きでした。
青山ではボタニカル ヘア&スカルプ セラピーは一ヶ月待ちらしいので、今、旬のメニューなのでしょう。

是非、町田にお越しのさいはお立ち寄りください。

嫌いなシャンプー剤!!!!!

先日ビジネスホテルに泊まった時のことです。
シャワーを浴びようとした所 「リンスinシャンプー」 が置いてありました。久しぶりだが嫌だなーとの予感が的中して、シャンプー後に信じられないくらいに引っかかる髪に変身!
何で・誰がこんな商品考えたんだと疑問が出来てきました。いまだに使用している所が、かなりあるのは何故かな?と考えながら店で実験してみました。

・ シャンプー1:リンス1ではまったく泡が立たなかった
・ シャンプー3:リンス1でも泡立ちがほとんどなし

結局、1割以下で泡が立ちはじめたが、分離してしまうし、使用した商品並の泡立ちなどを考えると、数パーセントを混入のような感じです・・・。
そもそも、シャンプーが汚れを落とした後にリンス成分が後から髪に潤いを与え、シャンプー成分だけ洗い流され、リンス成分だけ残るとゆうのは考えられない!
泡の中での作用を想像しても上手くいくとは思えない、シャンプーの中に数パーセントのリンスを混ぜ「リンスinシャンプー」が出来て、コストが約半分・・・。
「コストが安い」が使用してる最大理由が自分の勝手な結論でした。

アメリカLAの高級美容室の驚き!

私の友人にLAのハリウッド地区で働いている美容師がいて、20年位LAで働いている。LAでは人気美容師で予約を取るのが難しく、顧客にはブリジットフォンダや野球のマグワイヤ(飛行機乗ってくるらしい)その他にも著名人が多くいる私が毎年4~5日店に居させてもらった時には、何人も超有名人に遭遇しました。
LAの美容室での驚いた事を紹介します。ちなみに私は英語は全く話せませんが、あまり困った事が無い気がします。カットが1万円位して、ブランドショップが並ぶ通りにあるLAでも数少ない高級店です。

・お客様が来店時に、みんな「いらっしゃいませ」(メイアイヘルプユー)を言わない。けして嫌な態度はしていないが・・・

・お客様の待ちスペースでスタッフが座って、コーヒーやランチや新聞を読みながら自分の顧客が来るのを待っている

・スタッフの席が決まっていて、お客様がカットしている隣でも普通に自分が座っている、サンドイッチなど食べているスタッフもいるが、お客様も気にしていない様子。ハリウッド女優がお客様で来店していたときにも、鏡を見せてOKとなったら、お客様より先に座って新聞読んでいて、後からハリウッド女優がチップを持ってきていたが、ああどうも・・って感じで、見送るスタッフなどいない

・給与が完全歩合制(契約)が普通なので、いつ出勤して何時に帰っても誰も気にしない。友人などは朝早めから、予約を詰めて4時位には仕事を終わらせていたが、顧客が少ないスタッフは、朝早くから夜遅くまで、指名無しのお客様を待っている(予約・指名が無いお客様は非常に少ない)4日間でお客様を1人しかやれないスタッフがいた。休みを何日とっても構わないらしいが、売り上げが悪いとそこの店は入り口から、だんだん遠い席になっていき →2階→地下→契約してくれなくなるらしい。雨が降った日に、スタッフから「今日は雨だから休む」と電話があり受付の人が、その人の予約が入っていた顧客全員に電話して「0000は今日は雨だから休む」と伝えていた。アシスタントは自分で雇うので、顧客をあまり持っていないスタッフは当然アシスタントはいない、アシスタントは自分の雇用してくれている人の仕事しかしない。アシスタント暦何十年とゆう方も多数いた
・スタイリストにはいつでもなれるらしい、が当然顧客がいなければお金は誰からも、もらえない。また売り上げが無い(少ない)スタッフと契約してくれる店はない
・自分のアシスタントがカットを教えて欲しいと言ってきたら、お金を取る人がほとんどらしい
・店が非常に広い、当店の広さが客待ちスペースくらいの店がかなりあった

ビバリーヒルズも近いので超お金持ち話では

・自宅に美容室を持っているので、出張でその店?家?で毎週よぶ人や美容師宅にリムジン→近くの空港からヘリ→大きな空港から自家用ジェット→NYの空港 →降りたらヘリが待っていて →ビルの屋上から社長室で髪のセット1回だけの人
・ヨーロッパ1週間で朝・夕方毎日2回の髪のセットで、飛行機(ファーストクラス)宿泊(スイートルーム)を毎年呼ぶ人
・お客様がラスベガスのホテルから招待されていたらしいのだが、お客様の都合で行けなくなり、代わりに行ったところ、飛行機はファーストクラスでリムジンで向かえに来ていて、部屋は全面ガラスの最上階で、フルーツが1メートルくらい山になっていたらしい、特別な人しか入れないカジノでは、ルート(チップ1枚)が1000ドル・・・

などですが、なぜ毎年行っていたのかとゆうと、美容の技術よりも、仕事に関する考え・プロ意識などが、自分にとってはどんな観光よりもリフレッシュ出来ていたからです。日本の美容師のよく聞く悩みなどを、LAの美容師に聞いてみたときの言葉は、「なりたいのでしょう?なればいいじゃない!出来ないならあきらめれば良いじゃない」とゆうような感じの答えでした。
私が日本人を辞めLA人に生まれ変わった瞬間でした。

髪の変な噂!

・ 子供(学生)の時に坊主(短く)にすると
 髪が増える(太くなる)
・ 子供(学生)の時に坊主(短く)にすると
 クセ毛になる
・ 体毛も含め、剃ると、濃くなる
・ パーマをかけたらクセ毛になった
・ 髪をのばしたら抜け毛が増えた

以上はすべて噂で関連はありません。
乳幼児から中学生位までは髪の本数が増えて、太くなります。体の成長期とほぼ同時期です。それがたまたま短くした後、成長期やその後で伸ばしたら濃くなったり、太くなっているのですが、原因は坊主(短く)だ!と言い伝えのようになっていると思います。クセ毛も同様ですが、クセ毛の場合は年齢が高くなってきてからも、出てくる方もいますが、ほとんど遺伝してます。

パーマ・カラーは痛みがひどくなると、髪の内部成分が流失して細くなることがありますが、薬剤が髪を細くしたり、抜けることはありません。厚生省の認可の薬剤ではないそうです。先進国(国により多少内容が違いますが)では厚生省認可以外の薬剤は見たことがありません。

剃ると濃くなるはよく聞きますが(すね・手・ひげ)、まったく根拠のない噂です。

みんなそうかもしれませんが?髪(毛)がなんらかの変化した時には、理由が欲しいのではないのでしょうか?

・ 大きい靴をはいてると足が大きくなる
・ 昔の人は重いものをよく持っていたから
 背が小さかった

などは同じような噂の気がします。

毛髪知識

白髪が何故出来るか?などは分かってないらしいですが、髪の基礎的な事を少し書きました。

・日本人の平均本数は約8万本~12万本、欧米人は12万~13万。

・伸びるスピードは1日で0.35~0.40mm、1ヶ月で10.5~12.0mmなので10万本の人の頭の上で合計1200メートル伸びてる、1年で14400メートル・・・・。

・1日50本~100本が自然に脱毛します。

・髪の毛の抜けるまでのサイクルは男性で3~5年、女性で4~6年、平均5年なので、68~72cmしか伸びない計算です。お尻の下くらいまでの伸ばしている方がまれにいますが、必ず毛先が細くなっています、かなり抜けながら寿命が長い毛だけが残っている状態です。生まれてから1回も切らないからといって引きずるような長さには、まずならないとゆう事です。

・太さは0.08~0.09mです。

リンスとコンディショナー、トリートメントの違いは?

リンスとコンディショナー、トリートメントの違いは?との声がお客様から多く聞かれるので、メーカーの開発者に聞いた内容と現場の美容師の感想です。

各メーカー側はリンス・コンディショナー・トリートメントの表示や内容成分に、明確な取り決めがあるわけではなく、境界はないとゆう事です。しかし各メーカーによって定義があるようで、一番多いのは、リンスとコンデショナーは同じもので、髪の周りに皮膜を作る(油分)のがほとんど。

トリートメントは髪の表面から内部に浸透させる成分が含まれているらしい。内容成分は、リンスの主成分は、陽イオン界面活性剤です。シャンプー後の毛髪表面に残っている陰イオン界面活性剤と結合し、毛髪表面に油性の膜をつくり、毛髪を柔らかくしブラシの通りを良くし、キューティクル(毛表皮)の痛みを防ぐはず。

トリートメントは、毛髪の内部に浸透しやすい成分(ポリペプタイド、カチオン化セルロース、保湿剤、油性成分)が含まれているらしいガーッ、そんな難しいことは、どうでもいいと思う、普通の人が内容成分見て、自分に合う合わないを判断できるわけはないので結果!自分に合う物が1番!

では自分に合うものはどう探す?コマーシャルやパッケージに騙され続けている人も多いはず!
美容師や販売員に聞くのが正解に近いかもしれない、多くのシャンプー・トリートメントに接しているからです!特にその人の感想が大事だと思う、美容師や販売員もメーカーの説明や勉強会で洗脳されていることがよくある!、新開発だろうと特許だろうと、結果がすべてだと思うからです。

当店でも数メーカーの取り扱いがあり、シャンプー・トリートメントは過去の物を含めると100点は越えると思う中で、当店スタッフ1番人気は、ケラスターゼです(ちょっと高いが、スタッフもみんな買ってます)
ケラスターゼの宣伝みたいですけど、ケラスターゼの中にも何種類もあるので、自分の悩みを言って合うものを選ばなければ、良さは分からないと思いますので、お気軽にお問合せください。お電話でも結構です。是非一度比べてみてください。きっと結果に驚かれると思います・・・結果がすごくいいです!

その他のカテゴリー